2009年11月27日
新報道2001

 日曜朝は西日本テレビの「新報道2001」を見ている。同番組はファンだった竹村健一氏の、政治経済への論評が痛快で、最後の「いっぺん言うてみたかった」を楽しみにしていた後番組。16年間にわたり看板キャスターをつとめていた竹村氏が引退、内容を刷新「ニッポンの未来力を検証し、未来図を提言する」をテーマに、それまでの名前に「新」をつけ、「めざましテレビ」人気コンビの須田哲夫、吉田恵アナに、優しい笑顔が印象的な平井文夫(50歳)フジテレビ報道局長トリオ。竹村役を黒岩祐治アナが担当して、ちょうど1年目、硬派だった番組雰囲気はガラリ優しくなったが、報道番組の中では一番好みに合い見続けている。平井報道部長は平和町の平井得夫、実夫妻(平和町)の長男、22日生番組の後に帰防、23日は防高時代の友人とゴルフを楽しまれたとのこと。(耕)
Copyright(c) Hofu-nippou Co.Ltd.
本ホームページに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は防府日報(株)に属します。